読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

演奏会に行ってきました

私は中学校・高校時代に吹奏楽部に所属していました。
その時の友達が今も一般の吹奏楽団で楽器を続けていて、定期演奏会があるというので久しぶりに生の演奏を聴きに出かけました。
「ミュージック・フォー・ア・フェスティバル」「春の喜びに」「ローマの祭」をやると聞いていたので、話を聞いてからずっと楽しみでした。
この3つは私が好きな曲なので、1つの演奏会で好きな曲を3つも聴けるなんて得した気分です。
友達は昔から人一倍頑張って練習する子だったのですが、その姿は今も変わらないようで、ステージで演奏する彼女は生き生きと輝いていました。
驚いたのは、どの曲でもB♭クラリネットの音がキレイで柔らかかったことです。
人数の多いパートなのに全員が柔らかくまとまった音を出せるなんて凄いです。
彼女もB♭クラリネットを吹いているので、後でこの感想を伝えようと思います。
それからもう1つ得した気分になれたのが「愛のうた」という曲なんですが、この演奏会での演奏が世界で初めてなんですって!
トランペット奏者の三澤慶さんがこの楽団のために作曲したそうで、始まりから終わりまで、とてもドラマがある曲だと感じました。
作曲者の三澤さんが指揮をしていて、それに応えて演奏している友達がすごく羨ましくなりました。
こういうのを目の当たりにすると、私もまた楽器が吹きたくなってしまいます。
やっぱり生の演奏会はいいですね。