読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜勤専従求人×三島市看護師

三島市 夜勤 看護師求人

三島市にある看護師求人の多くは非公開になっています。
下記の2サイトが三島市の多数の求人を扱っているので、両方のサイトに登録して紹介してもらうと効率が良いです。

満足度

対応地域

求人数

詳細

看護のお仕事

ナース人材バンク


夜勤専従で働いてみたいと思っている人は、

夜勤専従のメリットやデメリット、お給料の相場、

三島市で求人を探す時のポイントなどをチェックしておきましょう!

■三島市の看護師求人


求人サイトに掲載されていた三島市の求人を紹介します。

詳細は各求人サイトをご確認ください。

■文教町クリニック
〒411-0033 静岡県三島市文教町2-1-29
募集職種正看護師
配属先その他 / 外来
雇用形態非常勤
給与時給1,300円~
掲載サイト看護のお仕事

■医療法人社団福仁会三島東海病院
〒411-0022 静岡県三島市川原ケ谷264-12
募集職種正看護師
配属先病棟
雇用形態常勤(夜勤有り)
給与月収265,300円~ (手当含む)
掲載サイト看護のお仕事

■医療法人桃璃会安達産婦人科クリニック
〒411-0039 静岡県三島市寿町2-26
募集職種正看護師
配属先外来 / 病棟
雇用形態日勤常勤
給与月収205,000円~ (手当含む)
掲載サイト看護のお仕事

■医療法人社団 清風会 芹沢病院
静岡県三島市幸原町2-3-1
募集職種看護師
配属先病棟
雇用形態常勤(夜勤あり)
給与月給22万5000円 ~ ※基本給
掲載サイトナース人材バンク

■独立行政法人地域医療機能推進機構三島総合病院
静岡県三島市 谷田字藤久保2276
募集職種看護師(正看護師)
配属先病棟
雇用形態正規職員 / 常勤
給与月給 203,400円
掲載サイトナースではたらこ


■夜勤専従のメリット/三島市


・休日、プライベートな時間を確保できる
・月の出勤回数が少なくて済む
・夜勤常勤の場合、給与が通常の常勤より上がることも

夜勤専従の場合、二交替で入ることが多いため

夕方の16~17時から翌朝の9時頃までのスタイルが多いです。

日勤常勤の場合だと月20日前後の出勤ですが、

夜勤常勤の場合には月に10回前後となります。

基本給に夜勤手当が10回分つくことによって、

通常の常勤よりも給与が高めになることがあります。(夜勤手当の金額によって)

また、夜勤明けの次の日は休みになることが多いため、

睡眠時間をタイミングよくとれば時間も有効活用できるのです。

■夜勤専従のデメリット/三島市


・夜型生活になるため、体調を崩したり、ホルモンバランスが乱れたりすることも
・夜勤の拘束時間が長い
・友人と休みが合わなくなる

夜勤だけの仕事が続くと、本来寝る時間に働いているため、日中寝る生活になります。

うまく切り替えができればいいですが、だらだら夕方まで寝てしまって、

夜寝られなくなるということもあります。

それによって友人と遊んだり、出かけたりする時間が合わないということもあるようです。

さらに、夜勤の拘束時間が16~18時間と長いため、

忙しくて休憩がとれない場合などは、かなりハードな勤務になります。

■夜勤専従の向いている人/三島市


まずは、朝早く起きるのが苦手で、夜勤が好きという人にはおすすめです。

夜勤常勤という月に10回仕事するスタイルもありますが、

夜勤専従は単発の仕事でもいくつかあります。

そのため、三島市でも病院との合意のもとであれば、月に1回からでもOKという働き方ができます。

普段は老人ホームやクリニックで働いているけど、

ちょっとお小遣い稼ぎがしたいという看護師で夜勤を数回入れているなんていう人もいます。

このように自分の仕事や生活スタイルで自由に変えられるため、

昼間は資格を取るために学校へ行っているとか、転職の合間に稼ぎたいという人など様々です。

■体調のことを考えるなら期間を決めて


夜勤専従はプライベートな時間を確保できるというメリットはあるものの、

通常は家で休んでいる夜間に働きますので、

体調を崩しやすいというデメリットがあります。

しかも、1回の勤務時間は16時間以上にも及び、

どうしても体調を崩しやすくなるのです。

体調を崩してしまっては、仕事を辞めざるを得なくなります。

場合によっては、今後看護師を続けていくことが難しくなるときもあるでしょう。

三島市で夜勤専従をやるなら、長期間ずっと続けるのではなく、

数か月や半年など自分の中で夜勤専従をやる期間を決めて、

体調を崩す前に夜勤専従を辞めるようにしましょう。

■三島市で夜勤専従の求人を探す時のポイント


三島市で夜勤専従の求人を探す時は、仮眠はきちんと取れるのか、

夜勤専従に対するサポート体制はあるのかなどをあらかじめ確認しておく必要があります。

求人を探す時は、ついお給料にばかり目がいってしまいますが、

仮眠時間やサポート体制の有無は、夜勤専従をする上でとても重要なことなのです。

・仮眠がきちんと取れるか


まずは、夜勤中に仮眠が取れるかどうかを確認して下さい。

16時間を超える夜勤で仮眠が取れないと、眠気や疲労から医療ミスをしやすくなります。

特に、夜勤専従の看護師にとっては、夜勤中に仮眠が取れるかどうかはとても重要です。

労働基準法では、

「労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与えなければいけない」

と定められています。

そのため、夜勤が16時間の場合には8時間×2ということで最低2時間の休憩ということになります。

病院の仮眠時間が1時間半~2時間で食事の時間で30分というところが多いと思います。

しかし、これは通常の場合であって、

急変や緊急入院などがあった場合には休憩が取れないこともあります。

そのため、三島市で夜勤専従をするのであれば、急変や夜間入院がないところを探す方がいいでしょう。

・サポート体制は整っているか


次に、夜勤専従の看護師へのサポート体制は整っているかを確認しましょう。

夜勤専従へのサポートが全くないところだと、

初回から1人で夜勤に入らされて、マニュアルも簡単なものしかないことがあります。

緊急時への対応も説明してもらえず、

何をどうして良いのか全然わからないという状況になってしまう可能性もあるのです。

最初の夜勤から病棟を1人で任される、

マニュアルは簡単なものだけで役に立たない、

緊急入院が来たのに入院を取る手順を指導してくれる人が誰もいない、

患者さんが亡くなった時のマニュアルもない。

こういう状況では、夜勤専従をやることがストレスになってしまいます。

だからこそ、三島市で夜勤専従の求人を選ぶ時には、

夜勤専従に対するサポート体制をチェックする必要があるのです。

初回の夜勤はマンツーマンで指導してくれる人をつけてくれる、

必ずリーダーを取れるようなベテラン看護師と同じ夜勤にしてくれる、

マニュアルは細かい部分まで書かれているなど

夜勤専従の看護師へのサポート体制が整ってくれるところを選びましょう。

◇おすすめの求人サイト|三島市


三島市に強い看護師求人サイト1

⇒詳細はこちら

三島市に強い看護師求人サイト2

⇒詳細はこちら

三島市に強い看護師求人サイト3

⇒詳細はこちら