読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日、すごくうれしかった話

今日はとてもうれしいことがありました。
実は先週の水曜に大腸の内視鏡検査がありました。
結果は、一部ポリープのようなものがあったので、その一部をとり、生検にまわしました。
その結果はまだ出ていません。
なにかよかったかというと、それから便が出ていなかったのですが、
昨日、ついに便がでました!
しかもとてもいい感じのものた大量に。
私はずっと便秘でした。
しかし、これではいけないと、去年、努力し、治しました。
そして検便をしたら、潜血があったのです。
とてもがっかり。
けっこういい便がでていたので、自信はあったのですが。
ポリープがあったのは残念ですが、それがもし良性でも、また来年、大腸の内視鏡検査をするよう言われました。
それはショックでした。
だって、すごく痛かったのです。
実際は、痛かったらいえばよかったそうです。
でも、なんか我慢してしまう性分なんですね。
また、内視鏡はいやだなというのが終わった気持ちです。
ポリープはそんなに変に見えなかったし、先生も軽くいっていましたし。
だから、たぶん大丈夫だろう。
内視鏡検査をするとそのあとは便通がスムーズになるという評判でした。
ところが!ぜんぜんでない。
結果、火曜に出て、うれしいです。