読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブランクがあっても、働く場所はたくさんある

看護学校卒業後、大学病院で3年間働いた後出産を機に仕事を辞めました。大学病院での勤務は本当に激務でしたが、看護師としての経験を積むことができました。

その後もう一人子どもが生まれ、下の子が幼稚園に入れるタイミングで、仕事をすることにしました。

5年のブランクがありました。また大学病院の経験も3年しかなかったため、経験不足も不安の種でした。

病院は超勤や夜勤があるため、平日の日勤のみの仕事を探していると、高齢者施設の求人があったので、面接を受け、無事にそこで働くことができました。

高齢者施設で働いてみて感じた看護師の強みがあります。

それは看護師の確保が難しいため、仕事を続けてもらうために、ある程度の融通をきかせてくれる点です。私の場合は子どもの行事などは必ず休ませてもらえましたし、時短なども考慮してもらえました。

デイサービスなど看護師がいなければ営業できないという施設もあります。また、看護師の求人はたくさんの病院や高齢者施設で出ており、条件次第で他の施設に看護師が流れる、ということまあります。看護師の確保が高齢者施設の経営者の中では重要なんだな、と感じました。

5年のブランクはありましたが私なりに勉強し、また周りの人に助けてもらい、今は楽しく仕事を続けています。

結婚後や出産後も、自分に合った働き方を見つけることができると思います。