読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師さんに良くしていただきました

日記

食欲旺盛だった母の食欲が落ち、食欲不振状態が長く続くようになったのです。

それで心配になり、病院で診てもらう事にしました。

詳しく調べてみてもらった所、初期段階のがんが発見されたのです。

それで急きょ、手術を行う事に成りました。

急にがんが発見されて手術という事に成り、母も私も不安で仕方ありませんでした。

そんな私たちの不安を軽くするために、担当の看護師さんが色々と説明をしてくれたのです。

手術は難しい物ではなく、100パーセント近い確率で成功すると説明してくれました。

どのようながんで、どのような手術をするのかという事を、医療の知識のない私たちに分かり易いように説明してくれたのです。

そのおかげで母も私も、不安が大分和らいだのです。

そしていよいよ手術の日が来ました。

再び不安を感じるようになった母と私に、看護師さんはまた優しい言葉を掛けてくれたのです。

それで母も私も、手術に対する不安が一掃されました。

そして手術は無事終了して、母も私も一安心したのです。

それからしばらく入院をして、無事退院の運びとなりました。

ここまでこれたのも、看護師さんが私たちの為に色々と手を尽くしてくれおかげなので、退院時に母も私も看護師さんに丁寧にお礼を言いました。

この事で看護師さんはお医者さんと私たち患者の間に立ち、お医者さんの治療を助け、患者の不安を和らげてくれる、とても大切な存在であると実感したのです。